土曜日・日曜日・祝日も20時まで診療している大阪市福島区の小児科・アレルギー科・内科  

こどもクリニックきじま 土曜日・日曜日・祝日も20時まで診療
JR大阪環状線 福島駅から徒歩1分

ネット予約で×になっていてもお電話ではご予約が

                       できる場合があります。お気軽にお問い合わせください。

                    新型コロナウイルス院内感染予防対策中(詳細はこちら)

                       スキンケア相談」実施中(詳細はこちら)

                       離 乳 食相談」実施中(詳細はこちら)

予約専用番号(日本語)
06-6131-9858
電話受付(月~木・土日祝)9:00~20:00

お盆期間(8月13日・14日・15日)も通常診療しております。
コロナウイルス抗体検査実施中!
オンライン診療&電話診療も受付中!

院長・スタッフブログ

弱視のスクリーニング検査をはじめました

2019.12.17

こんにちは。院長の貴島です。

当院では最近弱視のスクリーニング検査であるスポットビジョンスクリーナーを導入いたしました。

弱視とは視力の発達が障害されておきた低視力のことで、眼鏡などで矯正しても視力が1.0に満たないことを指します。
視覚の感受性は生後1歳半をピークに低下し、視力の発達は7歳ごろには完了してしまいます。
したがって5歳(できれば3歳)までに弱視を発見し、治療を開始することが望ましいといえます。

しかし現状では弱視は20人に1人にあると言われており、40歳以下の片眼失明の第1位です。
3歳児健診でランベルト環を用いたスクリーニングを一応しているのですが、どうしても判断に迷うことも少なくなく、見逃されてしまうケースが散見されるのが実態です。

実は私も開業前に救急救命士を養成する大学の教員をしていた際、非常に優秀な教え子がいたのですが、就職試験の際に弱視がわかり、夢を諦めさせざる得なかった悔しい過去があります。
その当時は私自身がまだ弱視についての知識も浅かったのですが、その機会に色々調べ、一人でも多くの子どもたちを弱視から救いたいという願いを持っていたところスポットビジョンスクリーナーに出会いました。

この医療機器は非常に簡単にできる検査でありながら(平均検査時間は15秒で、1m離れた場所からカメラで撮影するだけの検査)、弱視を見逃すことはほぼないと言えるくらいの優秀な機器で、すでにこの医療機器により多くの子どもたちの弱視が発見され、治療に繋がっています。

すでに多くの小児科や眼科で導入されていますが、当院でも先月から導入しています。
もしお子様の目のことで気になる保護者様がいらっしゃいましたら、ぜひ当院にご相談ください。

Reservation ご予約について

お電話でのご予約
お急ぎの方は電話にてご予約ください。
お電話にて下記の3つをお聞きします。
名前/ご希望日時/お悩み

TEL:06-6131-9858

電話受付時間:(月~木・土日祝)9:00〜20:00
休診日:金

ネットでのご予約
前日までのご予約はネットからも可能です。
以下のカレンダーからご希望のお日にちとメニューを選択していただき、ご予約ください。
2020年09月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
2020年10月
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
・・・診療日 ・・・休診日

大阪府大阪市福島区福島5丁目6-16
ラグザ大阪サウスオフィス4F

〉詳しいアクセスはこちら

ページの先頭へ